スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレンダー不妊手術第1号 白タビさん♂ 1歳未満

昨年秋に販売を開始した「保護猫さんカレンダー」。在庫の残り冊数も少なくなってきました。実店舗では、ならまち猫雑貨necocoさん、オンラインではふわりでのお取り扱いとなっています。

さて、先日、カレンダーの収益を利用して、地域猫さんの不妊手術を実施しました。カレンダー猫さん第1号は、まだ1歳になっていない♂猫さんです。

白タビさんはおとなしくて可愛い猫さん。とはいえ、キャリーに入れたときは、もちろん大暴れです。外で暮らしている猫にとって、小さなところに突然閉じ込められるのは、恐怖以外のなにものでもないからです。ただ、お世話をされている方々の愛情が伝わっているのでしょう。恐怖による排尿はありませんでした。

IMG_1634.jpg

洗濯ネット越しに鎮静をかけます。

IMG_1636.jpg

先生にお任せして、約一時間後にお迎えです。

IMG_1638.jpg

雄猫の不妊手術は麻酔の量も少ないので、覚醒も早い。

IMG_1639.jpg

左耳上をカットしてもらいました。写真にうまく映ってませんでした(すみません)。

捕獲場所に戻って、麻酔が醒めるのを確認して、お世話をされている方にあとを託しました。翌朝のリリースです。翌日に様子をお聞きしますと、いつもどおりとのことで、一安心です。

白タビさんには、お母さんと弟がいます。

お世話をしている方々が丁寧に愛情を込めていらっしゃるので、地域にきたときには威嚇をしたり、ものすごく遠くからしか姿を確認できなかった猫たちに、人間に対する信頼が生まれています。

弟猫さんは、捕獲ができ次第、不妊手術予定です。

お母さん猫さんは、昨年秋に不妊手術を実施済みです。

この家族猫さんたちには、ほかにも心を留めてくださっている方がたくさんいらっしゃいます。

母猫さんの不妊手術費用は、ならまちのフレンチ雑貨tricoterさんと有志さんが、にゃらまち猫アートのときに集めてくださって託してくださった費用を利用させていただきました。

⭐︎ TRICOTERさんのブログ:手術費用のお預かり不妊手術の実施のご報告


白タビさんの手術当日、私が連れていく白タビさんを見て、猫さんの暮らす地域の方からもご寄付をいただきました。カレンダー収益と一緒に不妊手術費用としてありがたく使わせていただきました。


この家族ねこさんの確認に際して、地域の方のご好意で駐車場の無償利用をたびたびさせていただきました。最初に見かけてから何度かの確認時、駆虫薬の投与時など、大変ありがたく利用させていただきました。駐車場は現場から徒歩10分ほどの距離があります。キャリーのなかのねこさんを運ぶ場合は運搬時揺らしてしまうことになり、捕獲時と解放時はねこさんが気の毒なので、有償駐車場を利用しています(当方負担)。 


白タビさんとお母さん猫さんの不妊手術をしてくださった獣医さんも、猫さんたちの出現時間にあわせて手術をしてくださいました。弟猫さんについても同様のご配慮をいただいています。不妊手術費用と前もって投与する駆虫薬についても、保護猫価格を設定してくださっています。


キャリーは、今回、2015年7月保護の「麦ちゃん&空ちゃん」の里親様にお借りしました。私の保護猫用キャリーを年末に不妊手術に連れて行った別地域の地域猫さんが麻酔覚醒後も気に入ってしまって(^^;まだ貸出中だからです。


たくさんの方々のお気持ちとご協力、愛情を込めてお世話をされている方々のご協力があって、実現した手術でした。


地域猫さんの雄猫さんの不妊手術については、望まない妊娠の機会を減らすだけでなく、地域の方々に生じるご迷惑を減らすためにも必須です。なわばりをつけるためのマーキングを防止することができ、悪臭によるご近所への迷惑を減らすことができます。また、繁殖行動をしないので、サカリ時の喧嘩や鳴き声による迷惑も減らすことができます。決まった時間に給餌するのでゴミを荒らすことがありません。

そのほか、この猫さんのお世話をされている方々によると、この猫さん一家がくるようになってから、ねずみによる被害がなくなったということでした。これまで何年ものあいだ、ねずみによる被害があり、ねずみの駆除をしていても被害がなくならなかったところ、猫さんたちが来るようになってから、ねずみを見なくなった、ねずみの被害がなくなったということでした。駆除薬を使うことなく、ねずみの被害がなくなるというのは、海外の図書館等でねこが居場所を作ってもらっている理由と同様だと実感しました。


今回のカレンダーをご購入くださった方々をはじめ、ねこさんたちに暖かい気持ちで接してくださっている方々、ねこは嫌いだけれど共存することは大事だと思ってくださっている方々。多くの方々のお気持ちで、ちいさなねこたちの居場所作られているのだと思います。

猫も人間も共生できる地域をと願ってやみません。

スポンサーサイト

カレンダー不妊手術第2号 キジ♂ 1歳未満 てっちゃん

昨年秋に販売を開始した「保護猫さんカレンダー」。在庫数も10冊を切りました。実店舗では、ならまち猫雑貨necocoさん、オンラインではふわりでのお取り扱いとなっています。

さて、先日、カレンダーの収益を利用して、地域猫さんの不妊手術を実施しました。
カレンダー猫さん第2号も、1歳になっていない♂猫さんです。
体つきからすると、第1号のタビくんよりも数ヶ月齢若く、生後4〜5ヶ月齢くらいの印象でした。



「捕まってしまったの・・。」とでも言いたげなお顔です。



不妊手術実施済みのマークである、耳カットも実施済みです。

とってもおとなしい性格で人懐こい猫さんです。お世話をしている方から「てっちゃん」と仮名もつけていただきました。

てっちゃんにはきょうだい猫たちと母猫が一緒にいます。てっちゃん以外は人馴れしていません。人が近づくと、ぴゅーっと逃げて行ってしまいます。猫さんのいる土地の所有者の方に敷地内での捕獲と猫たちのお世話についてご了解をいただけたことから、てっちゃん一家全体の不妊手術と現在ねこさんたちのいる場所での人馴れを訓練をすることに決めました。

今回の猫さんの捕獲と動物病院への搬送は、猫たちのお世話をしている方が担当してくださいました。術日の前夜にてっちゃんをご自宅に保護して、手術前の絶飲絶食の管理もしてくださいました。不妊手術実施当日は零下の続く日だったので、術後の体調回復を一番に考え、ご自宅内で保護をしてくださいました。私もこのときに術後のてっちゃんの様子の確認をさせていただきました。体調は問題なさそうでしたが、きょうだい猫たちと離れていることで、不安げな様子でした。

手術翌日の朝には、元の場所にリリースです。リリース直後は、きょうだいねこたちと母猫に合流して、ほっとした様子だったようです。夕方に私もリリース後の様子も確認しにねこたちのいる場所へ見に行きました。一家そろって現れてくれて、元気そうな様子でした。私だけが行ってもねこたちは出てきませんので(^^; お世話をしておられる方が、術前のねこたちの生活環境の確認時と同様に、付き添ってくださいました。

てっちゃん一家のお世話をされている方は、第1号のタビくんの母猫「茶々」たち家族についても、気にかけてくださっていました。茶々とタビの手術を私が実施したことから、てっちゃん一家についてご相談を賜り、不妊手術の実施が実現しました。土地の所有者の方への折衝はご自身でしてくださって、ご了解を得てくださいました。捕獲&病院への搬送もご自身でしてみるとおっしゃてくださったので、私はサポートのみです。

保護猫カレンダーの趣旨に賛同してくださったたくさんの方々の思いのこもった収益を、不妊手術代と駆虫代として使わせていただきました。てっちゃんの不妊手術は急な依頼でしたのに、タビくん不妊手術を担当してくださった先生が今回も快く依頼を引き受けてくださいました。

多くの方々のねこたちへの優しいお気持ちのおかげで、ねこたちの居場所がつくられていることを実感します。てっちゃんのきょうだい猫たち、母猫の手術も引き続き実施予定です。

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

カレンダー不妊手術第3号 キジ♀ 1歳未満 ももちゃん

昨年秋に販売を開始した「保護猫さんカレンダー」。在庫数も10冊を切りました。実店舗では、ならまち猫雑貨necocoさんで明日1月31日まで、オンラインではふわりにて、完売までのお取り扱いとなっています。

さて、引き続き、カレンダーの収益を利用して、地域猫さんの不妊手術を実施しました。
カレンダー猫さん第3号は、第2号のてっちゃんのきょうだい猫さん♀です。

ここの猫たちは、てっちゃん以外は、すぐにぴゅーっと逃げていくので捕獲カゴを設置しての保護になると考えており、その予定で準備と日程を組んでいます。この日は、お世話をしてる方と一緒に、てっちゃんの様子確認も兼ねて、ねこたちの様子を見に行きました。幸運が重なって、こねこ1猫さんを普通のキャリーケースで保護することができました。予定外の保護でしたので、いつも手術を担当してくださる先生に連絡をして、手術が可能かお聞きしたところ、翌日の手術をご快諾いただけました。



こんなことになるなんて・・・とちょっと呆然?

保護日当日夜はお世話をしてくださる方がご自宅で保護して、手術に備えての絶食絶飲の管理をしてくださいました。てっちゃんのときと異なり、物静かで、いろいろとよくわかってそうな様子でした。「ももちゃん」と名前もつけていただきました。翌早朝には、お仕事前に動物病院へももちゃんを搬送していただきました。

手術は日中にしていただいており、夕方に病院へももちゃんをお迎えするのは、私が担当しました。



第2号のてっちゃんは左耳をカットしていただいていたので、ももちゃんは右耳をカットしていただきました。ぱっとみて区別できるようにするためです。もっとも、術後のてっちゃんはお世話をしてくれている方にぐんぐんと慣れてきていますので、態度でかなり区別をすることができます。



手術日当日の夜も、お世話をしてくださっている方のご自宅泊をしていただけました。降雨続きで夜は冷えるので、術後の心身の回復を高めるには室内のほうが適しているからです。麻酔からの醒めも、手術を担当してくださった先生からみても、少し遅めということもお聞きしていました。日頃、緊張を強いられる環境で生活しているので、麻酔による眠りがより深くなっているのではと感じました。

手術翌日の朝にはもとの場所にリリースをしていただきました。仲間たちがいなかったうえ、ごはんを食べなかったので、心配だったとお聞きしていました。同日夕方にももちゃんの様子を見に行くと、仲間たちと一緒にももちゃんもでてきてくれましたので、一安心でした。

もっとも、私が先に現場に到着したときには、誰も出てこず・・(^^; お世話をしている方が敷地に入るとすぐにてっちゃんがすすーっとその方の足元に登場! そして、仲間たちもワラワラと遠巻きにでてきました。

猫たちは、自分たちのことを大切にしてくれているひとのことをよく見ていますし、頼りにしているのです。

今回も、保護猫カレンダーの趣旨に賛同してくださったたくさんの方々の思いのこもった収益を、不妊手術代と駆虫代として使わせていただきました。てっちゃんとももちゃんのきょうだい猫たち、母猫の手術も引き続き実施予定です。

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

カレンダー不妊手術第4号 キジ♀ 1歳未満 ハルちゃん

昨年秋に販売を開始した「保護猫さんカレンダー」。在庫数も5冊ほどとなりました。実店舗でのお取り扱いは終了しました。オンラインではふわりにて、完売までのお取り扱いとなっています。

さて、引き続き、カレンダーの収益を利用して、地域猫さんの不妊手術を実施しました。
カレンダー猫さん第4号は、第2号のてっちゃん第3号のももちゃんのきょうだい猫さん♀です。

てっちゃん、ももちゃんとは異なり、ぴゅーっと逃げていくので、捕獲カゴを設置しての保護、手術、リリースとなりました。名前はハルちゃんとなりました。

ハルちゃんはいつもいる場所に捕獲カゴを設置したところ、すぐに捕まりました。好奇心は旺盛なようです。その後キャリーケースに移動してもらい、夜間はこれまでのきょうだい同様に、お世話をしてくださる方の家の室内で保護していだきました。手術に備えての絶食絶飲と、翌朝の搬送もご担当いただきました。



今回の手術は、奈良市内保護団体のPure Heart Loversさんが病院への搬送を担当してくださいました。これまで担当してくださっていた動物病院の先生が休診で手術のできない時期だったためです。捕獲かごも貸し出ししてくださいました。



右耳をカットしてもらっています。

病院から帰ってきたハルちゃんをお預かりして、お世話をしてくださっている方のお宅までの搬送のサポートをしました。車内でも静かで、このきょうだいたちのお世話をしている方の優しい言動がねこたちにも伝わっているのだと感じます。

術後の一日も、暖かい室内でゆっくりと過ごしてもらいました。お世話をしてくださっている方の自宅内で過ごして、翌朝、いつもの場所にリリースです。リリース当日の夜、術後の様子の確認に行きましたところ、きょうだい全員で現れてくれ、元気そうな様子で安心しました。

今回も、保護猫カレンダーの趣旨に賛同してくださったたくさんの方々の思いのこもった収益を、不妊手術代と駆虫代として使わせていただきました。てっちゃんとももちゃん、ハルちゃんのきょうだい猫と母猫の手術も引き続き実施予定です。

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

カレンダー不妊手術第5号 サビ♀ 推定4歳 ポッちゃん

昨年秋に販売を開始した「保護猫さんカレンダー」。在庫数も残りわずかとなりました。実店舗でのお取り扱いは終了しました。オンラインではふわりにて、完売までのお取り扱いとなっています。

引き続き、カレンダーの収益を利用して、地域猫さんの不妊手術を実施しました。

第2号から第4号までのきょうだい猫のいる場所に現れた、サビ猫さんです。私は当日初めてみた猫さんです。サビ色なので、女子に間違いがなく、きょうだい猫たちよりも大きいので、先に不妊手術を実施することにしました。

もっとも、手術は保護してから4日後となりました。保護したときに、口腔内になにか問題があることがみて取れたからです。昨年10月にTNRの不妊手術時に乳腺腫瘍の発覚したしおんがお世話になった二次診療機関を受診して、口腔内の検査を優先することにしました。麻酔をかけての検査になるので、検査後に不妊手術をしていただくことにしました。

このような状況のため、この猫さんは術後すぐにリリースできそうにないので、仮名もしおんと同様、はじめて見かけた日の誕生日花からつけることにしました。2月4日の誕生日は「たんぽぽ」だったので、ポッちゃんです。

ポッちゃんは、病院に連れていくときに意外にもかなり落ち着いており、キャリーから外をおとなしくじーっと眺める余裕がありました。人馴れもしており、キャリーケースへの移動も楽々でした。ポッちゃんは幼いころに人間とかなり身近に接していた経験があるように感じました。



どこに連れて行かれるのかしら?



上記の写真は、保護してから2日後。落ち着いた表情をしています。

保護直後は、捕獲器のなかで、かなり鳴いていました。



お顔が不安げなだけでなく、口腔部分に腫れのあることがみて取れました。
縁あって思いがけず保護できた以上、できる限りのことをしたいと考えているので、不妊手術よりも検査と治療を優先することにしました。

麻酔をかけて口腔内を検査していただいたところ、口腔内に炎症がありました。この炎症の理由を院内検査で確認していただいたところ、腫瘍の可能性を否定できなかったため、外注検査に出すことになりました。

不妊手術も無事に終了しました。



右耳をカットしていただいています。

IMG_2178.jpg

おつかれさまでした。

ポッちゃんは、検査結果がでるまでのあいだは、引き続き入院となりました。
 ……→⭐︎ 術後の様子は「2016年2月保護 ポッちゃん」カテゴリーにてご報告いたします。

保護日のポッちゃんは、第2号〜第4号のきょうだい猫さんたち同様、お世話をしてくださっている方のご自宅で暖かく過ごさせていただきました。第4号のハルちゃんと同日に保護して不妊手術予定だったところ、私の判断で二次診療機関を受診することにしたため、ポッちゃんは、Pure Heart Loversさんのところで一泊お預かりいただきました。たくさんの方々が快くご協力くださったおかげで、ポッちゃんは一度の麻酔で検査と不妊手術を受けることができました。

今回は、保護猫カレンダーの趣旨に賛同してくださったたくさんの方々の思いのこもった収益を、第1号〜第4号までの猫さんたちの不妊手術代と同額を入院時の内金として利用させていただきました。駆虫代も同様に利用させていただいています。ポッちゃんにかかるそのほかの費用(検査費用、入院費用、処置費用等)については、私が負担しますので、カレンダーの収益からは拠出いたしません。

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

カレンダー不妊手術第6号 黒猫さん♀(昨秋出産済み、子育て中)

昨年秋に販売を開始した「保護猫さんカレンダー」。在庫数も残り3冊となりました。現在、オンラインショップ@ふわりにて、完売までのお取り扱いとなっています。

引き続き、カレンダーの収益を利用して、地域猫さんの不妊手術を実施しました。

確保時の猫さんの様子を撮影した ipod touch を自室内で見失ってしまったため、確保時の様子は ipod touchを見つけ次第、写真追加いたします。

第6号は商店街の駐車場にいる出産経験のある黒猫さん♀です。確保翌日の不妊手術で、右耳をカットしていただきました。

2016021205.jpg

この猫さんは女子でした。

2016021204.jpg

お昼休みの時間に駆けつけて、猫さんを元の場所に戻すリリースに立会いをさせていただきました。

2016021206.jpg

向かって左のキャリーからのリリースでした。右のキャリーは第7号の猫さんです。

リリース時には、この猫さんのこども猫と思われる猫たちも駆けつけてきました。

no6s kitties

第6号の黒猫さんの確保時、捕獲カゴの周りに複数の猫さんたちが見守るように寄り添っていました。そして、捕獲カゴを移動させたあとも、確保場所に複数の猫さんたちがじーっと座っていたと一部始終を近くで見てくださっていた方に翌日お聞きしました。

厳しい外の生活を一緒に過ごしている猫さんたちの、互いを思いやる心、団結力を感じました。このこども猫さんたちも、できる限り確保して、手術を実施したいと考えています。

この猫さんは確保時にはじめて見た猫さんでした。確保をご一緒にしていただき、確保してからの保護場所の提供、PHLさんまでの送迎、術後の保護場所の提供は、第2号〜第4号のきょうだい猫さんのお世話をしておられる方が担当してくださいました。

手術は、奈良市内保護団体のPure Heart Loversさんが病院への搬送を担当してくださいました。これまで担当してくださっていた動物病院の先生が休診で手術のできない時期だったためです。捕獲かごも貸し出ししてくださいました。今回も、保護猫カレンダーの趣旨に賛同してくださったたくさんの方々の思いのこもった収益を、不妊手術代と駆虫代として使わせていただきました。ありがとうござました!


なお、この場所を管理する方々の許可をいただき、猫さんの確保をしています。猫さんの確認、確保、病院への搬送等について利用する自車の駐車スペースについても、本来でしたら有償のところ、無償提供をご厚意でいただくことにもなりました。たくさんの方々が関心をもってサポートしてくださっていることを感じ、とても嬉しく思っています。

もっとも、この猫さんのいる場所は、確保時前後で確認しただけで約20猫さんいました。時間によってはでてきていない猫さんもいますので、少なくとも30猫さん近くがいると予想されます。そしてどの猫さんも不妊手術未実施のようでした(耳カットをしている猫さんを確認できませんでした)。繁殖シーズンなので、女子猫さん優先、マーキング防止も兼ねて若い猫さん優先で手術を引き続き実施していきます。費用については、カレンダー収益をオーバーすることが当然見込まれますが、手術優先で実施していく予定です。

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

カレンダー不妊手術第7号 長毛キジトラさん♂ 1歳未満

カレンダー収益を利用しての不妊手術第7号は、第6号猫さんを確保した商店街の駐車場の近くの別駐車場にいる1歳未満の♂です。第6号・第7号同時の確保、翌日の不妊手術で、右耳をカットしていただきました。

第7号についても、第6号と同様、確保時の猫さんの様子を撮影した ipod touch を自室内で見失ってしまったため、確保時の様子は ipod touchを見つけ次第、写真追加いたします。

2016021203.jpg

なんでこんな目にあったのかな〜?

2016021201.jpg

これからどうなっちゃうんだろう・・

猫さんにしたら、わけもわからず、不安な日夜を過ごしたことと思います。

リリースは確保した場所と同じ場所でします。この猫さんは保護場所からリリース場所に連れていくと、キャリーのなかから外を一生懸命に見て、自分の知っている場所だとわかると、必死になってキャリーから出ようとしていました。

2016021207.jpg

キャリーの上扉を開けると、猫さんはもといた場所にさささっと走っていきました。もといた場所に戻れることが、どれほど安心で嬉しいことかと伝わってきました。

若い年齢での♂猫さんの去勢手術は、望まない妊娠の機会を減らすだけでなく、地域の方々に生じるご迷惑を減らすためにも必須です。なわばりをつけるためのマーキングを防止することができ、悪臭によるご近所への迷惑を減らすことができます。また、繁殖行動をしないので、サカリ時の喧嘩や鳴き声による迷惑も減らすことができます。

現在は繁殖シーズンですので、女子猫さん優先、若い年齢の男子猫さん優先で、引き続き手術を実施していく予定です。

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

30猫さん不妊手術実施しました&里親様の募集開始!

カレンダー収益を利用しての不妊手術は、引き続き実施しています。当初の見込みを大幅に超える猫数を確認したため、作業に追われており、ブログでのご報告が大変に遅くなりました。2016年3月7日現在で、30猫さんの不妊手術を終えました。しかしながら、まだ同じくらいの猫さんの生息を確認しています。

不妊手術を実施した30猫さんの内訳は、女子猫さんと男子猫さん同数の15猫ずつです。女子猫さんのうち4猫さんは懐胎していました。麻酔をかけての確認となったため、いずれも胎児は断念せざるを得ませんでした。その数は18胎児です。

なお、私個人の手には負えない数であることが判明した時点で、地域の方々と動物病院の先生方にご助力とご協力をお願いしました。

幸いなことに、地元商店街の共同組合のご協力、財団法人と自治会のご協力を得ることができました。地域住民ではない私の意見と取り組みについて、貴重な時間を賜り、説明する機会をいただきました。そのなかで、耳を傾けていただきご理解をいただけたこと、費用についてもご助力をいただけたことは、大変に心強いことでした。捕獲作業時には車での運搬等も必要になることから、駐車スペースのご提供もいただいています。また私有地内への出入りの許可と捕獲カゴの設置の許可など、地域住民の方々にも多大のご協力を賜っています。

確保作業とリリース作業については、毎日、商店街の方と一緒にふたりで取り組んでいます。この方のご協力とご助力がなければ、この取り組みは実現できませんでした。心から感謝しています。


該当地域では下記の写真のポスターを掲示して、現在の状況をご報告しています。
モデル猫は、不妊手術2号のてっちゃんです。左耳を小さくカットして、手術済みの目印にしています。

tetsu-s.jpg

不妊手術の実施は、人も猫も暮らしやすい町をつくるためのひとつの方法と考えています。

こちらの地域では、壁の隙間に子猫が落下する事故も多々起きています。壁を取り壊して救出していただいて命が助かったケースもありますが、残念ながら、どこにいるかわからないまま絶命するケースもあります。不妊手術を実施することで、猫の総数が漸次減るとともに、マーキングや糞尿の数も減少します。有志の方々が私有地内にトイレを設置していただくなどのご協力もいただけるようになりました。清潔な環境が整い、猫さんたちを可愛がっていただける風潮があれば、猫さんたちも隠れることなく、町中に堂々と姿を現わすことができるようになるでしょう。


事業費用については、カレンダー収益はすでに利用を終えています。カレンダーのご購入によるご支援を賜り、ありがとうございました。商店街組合のご協力、財団法人と自治会からの協力費、身近な方々からのご寄付も賜りました。皆様のご厚意に深く感謝いたします。おかげで、事業費用は現在黒字です。しかしながら、残り30猫さんの費用は目処が立っていません。費用がなくても実施は続けることとし、当面は私費負担を予定しています。作業等が落ち着きましたら、チャリテイ商品等の販売を考えています。その際にはご協力をいただけますと、有難く思います。


動物病院の先生も親身に、熱心に取り組んでいただいています。毎日のように猫さんを運びこむことをお赦しいただき、休診日や時間外でも手術を素早く実施していただきました。先生のご助力がなければ、個人の活動でこれほどのペースでの手術数は実現できなかったと考えています。


たくさんの猫さんたちを確保、不妊手術、元の場所に戻すという作業をしてきたなかで、元に戻すのはしのびない猫さんたちがいました。いずれも不妊手術を担当してくださった先生方から里親様の募集をお勧めされました。たくさんの猫さんたちを診てこられた先生方から見ても、家猫になるのが最適な性格なのだと考えています。いずれも不妊手術を実施してくださった病院にてお預かりいただいています。

下記の猫さんたちの里親様の募集を開始します。


まずは、不妊手術5号のポッちゃんです。

p-IMG_1196.jpg

猫エイズは陽性ですが発症していません。口腔内の炎症も生検の結果、非腫瘍性と判明しました。入院して1ヶ月経過して、炎症も外見上かなり落ち着いてきたように見受けられます。性格は保護当初より、超甘えん坊さん。見られているだけでも嬉しいようで、ゴロゴロゴロゴロと喉を鳴らします。声をかけると、手をフミフミします。撫でるとものすごーく嬉しいようで、全身で嬉しいアピールをします。人のそばにいるのが嬉しい猫さんを、外に戻してひとりぼっちにすることはできません。

* ブログでのこれまでのご報告: 保護時入院4日目の様子

* 応募要項は、「ペットのおうち」に掲載いたしました(募集番号:101784)。

* New! 動画は、Facebookにてご紹介しています!New!


次に、不妊手術24号と28号の黒白長毛の姉妹猫さんです。
(*長毛姉妹猫さんは2016/4/3〜トライアル開始しています!)

01募集2猫さんセット

とても仲良しの、長毛白黒姉妹です。生後6ヶ月程度です。ウイルス検査の結果はいずれも陰性です。

だっこ

姉妹一緒に里親様に迎えてくださる方を希望しています。おとなしい性格です。現地での様子を見ている限り、人のいない時間になると率先して駐車場に出てきて、楽しく遊んでいました。ふわふわの毛、黒白模様が特徴的なかわいい姉妹猫さんです。

* 応募要項は、「ペットのおうち」に掲載いたしました(募集番号:101657)。(トライアル開始)


ご検討を賜りますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

*毎日捕獲作業を続けていますので、応募に対するお返事が遅れる場合がございます。
 概ね48時間以内のお返事を心がけています。

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

仔猫さんたちを保護できました(里親様募集予定)


母猫さんは手術済みです(捕獲カゴで捕まり、手術時に出産後と判明しました)。
仔猫さんたちの居場所を探していたところ、出産場所の方からご連絡がありました。
皆様のご協力で、無事に仔猫さんを保護することができました。

FullSizeRender(6).jpg

白色がベースの3猫さんです。

IMG_0862.jpg

しっかりものの猫さんは目を見開いています。
ウェットフードも食べることができました。

FullSizeRender(7).jpg

まんなかの猫さんは耳がすこし黄色いです。
黄色は母猫さん譲りです。

手前の猫さんのしっぽに色味があることに写真をみて気がつきました。

FullSizeRender(5).jpg

健康診断等、必要な処置を経てから、里親様募集の予定です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Facebookも始めました。‥‥→⭐︎

Facebookのほうが写真や動画の投稿が簡易なので、動画等はFacebookが主になるかもしれません。すべての記事を公開する設定にしていますので、ご高覧いただけましたら幸いです。

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

子猫さんたち、病院を移動しました

2016年4月2日に保護した子猫さんたちは、ウイルス検査に備えて、病院を移動しました。4月3日〜5日まで預かり入院をさせていただいていた病院からは退院し、別の病院に預かり入院しました。移動時の病院待合室で、キャリーケースのなかで、コロコロしながら、きょうだいで噛み噛みしていました。

IMG_0964.jpg

IMG_0942.jpg

首輪のない猫さん(耳が茶色)が若干おとなしめです。そのため、元気いっぱいの青色首輪猫さん、オレンジ首輪猫さんにかみつかれる場面が多いです。

[広告] VPS


かみつかれる場面があまりにも多いので、首輪なしこねこさんときょうだい猫さんとの場所を人為的に動かしてみました。その後の様子です。

[広告] VPS


子猫さんたちはすくすく育っています。1回目の糞便検査の結果、寄生虫はありませんでした。ノミもいません。今後も継続して様子を見守っていきます。里親様の募集も準備ができ次第、開始いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_0934.jpg

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

     
**里親様募集中**
*「ペットのおうち」にて 里親様の募集をしています。

*"Instagram "に最新の写真を投稿しています。


保護してから成長した猫さんたちもいます。おとなねこさんは性格がはっきりしています。人間との暮らしにも慣れており、甘えん坊な猫さんが多く、一緒に暮らしやすいです。

こねこだけでなく、おとなねこさんとの暮らしも想像してみていただけると有り難いです。

ブログ管理者
福ちゃん
ブログ管理:福☆
TNR:ふわり

ときどき、困っている猫さんに遭遇します。命の危険があったり、助けを求めてきたりした猫たちを保護して、里親様にお届けしてまいりました。最近は某商店街の猫さんたちのTNRをしています。

TNR
2015年10月以降、某商店街の猫さんたちの一斉TNRを個人でしています。

2016年10月中旬、同地域で出生したすべての猫さんの不妊手術を終了しました。この一斉TNRにより、2016年4月保護の仔猫さん3匹以後、仔猫の出産はありません。

現在も、当該地域に出没する猫さんたちの不妊手術や保護を継続的に行っています。2017年5月現在で、該当地域で52匹、該当地域近辺を含むと61匹の手術を実施しました。

不妊手術を終えた猫さんたちの見守りとお世話も継続しています。

地域の方々、商店街の方々、獣医さんのご協力なくして、このような活動はできません。皆様に深く感謝申し上げます。

また2016年保護猫カレンダーをご購入くださった皆様にも御礼申し上げます。収益150,308円は2017年の不妊手術1~13号の猫さんの不妊手術と駆虫代(合計150,768円)に相当します。ワクチン代等やその他の医療費等をこちらには含めていません。
卒業生の猫たち
これまで保護した猫さんたちは、素敵な里親様のもとで幸せな生活を送っています。(ただし、2011年9月保護の子猫は健康上の理由等から、2014年5月保護の猫は強烈な噛み癖のため、ウチノネコとしました。)

☆保護猫たちの詳細
2010年10月保護仔猫たち
2011年4月保護猫
2011年8月保護猫
2011年9月保護猫
2014年5月5日保護猫
2015年7月12日保護猫
2015年7月の保護猫
2015年7月12日保護

保護の経緯は⭐︎こちら⭐︎

里親様にお届け済みです。詳しくはこちらをご覧ください。

soramugi-prof.jpg

茶トラ♂
(仮名)陸 りく
(現在)空 そら
麦わら♀
(仮名)麦 むぎ
(現在)麦 むぎ

7/12 保護時  陸350g /麦400g
7/13 2日目  陸400g /麦450g
7/14 3日目  陸400g /麦450g
7/15 4日目  陸440g /麦460g
7/16 5日目  陸450g /麦500g
7/17 6日目  陸500g /麦500g
7/18 7日目  陸500g /麦500g
7/19 8日目  陸570g /麦610g
7/25 14日目 空620g /麦680g
8/1 21日目 空740g /麦840g
8/3 23日目:空840g /麦940g
8/5 25日目:空840g /麦960g
8/22 42日目 空1200g /麦1300g
8/29 49日目 空1320g /麦1360g
9/4 55日目 空1480g /麦ーー
9/5 56日目 空---- /麦1580g
9/9 60日目 空1620g /麦ーー
9/11 62日目 空---- /麦1600g
9/18 69日目 空1920g /麦1740g
9/28 79日目 空2200g 去勢手術
(CT検査&脳髄液検査実施;異常なし)

 
2014年5月の保護猫
2014-05-05保護

保護の経緯はこちらから。

里親様募集を終了して、うちの猫の一員となりました。詳しくは☆こちら☆をご覧ください。

メイちゃん
(仮名)メイちゃん
(現在)メイちゃん

保護当時は生後2.5〜3ヶ月
歯は生えそろっています
体重測定
05/05現在 500g
05/09現在 700g
(05/10 40度発熱)
05/13現在 850g
05/17現在 950g
05/19現在 900g
(05/19 退院しました)
05/24現在 1000g
(第1回目のワクチン接種)
06/21現在 1950g
(第2回目のワクチン接種)
07/19現在 2750g
(去勢手術をしました)
2011年9月の保護猫
2011-09-29保護
保護当日の診察の様子はこちらからどうぞ。
里親様募集についてはこちらこちらをご覧ください。今後の健康状態に不安があるため、里親様募集はせず、ウチノネコとしました。

幼猫さんプロフィール

(仮名)結ちゃん(ゆいちゃん)
(現在)結ちゃん

保護当時は生後約2週間(歯が生えていませんでした)
ノミ駆除済み

体重測定
09/29現在164g
10/2現在 216g
10/10現在 360g
(歯が生えてきました)
10/16現在440g
(肝性脳症で緊急入院しました)
10/30現在550g
11/6現在約800g
(ドライフードを食べられるようになりました)
11/15現在約1005g
12/7現在約1400g
12/17現在約1700g
12/31現在約2000g
1/29現在約2600g

2011年8月の保護猫
2011-08-08保護
保護の経緯は★こちら

ひなちゃんプロフ
茶トラ♂
(仮名)日向(ひなた)ちゃん
(現在)みんと君

保護当時生後約2ヶ月(推定)
8/9現在560g
8/19現在820g
8/21現在835g
8/27現在925g
8/31現在1020g
9/2現在1200g

(仮名)日向ちゃんは9/3に里親様のもとにお届けしました。名前は「ミントくん」となりました。
2011年4月の保護猫
保護の経緯はこちらからどうぞ。

藍ちゃん
シャム風♂
(仮名)藍ちゃん(あいちゃん)
(現在)藍ちゃん
PHOTOHITOにて写真を公開済

藍ちゃんは5/22に里親様のもとにお届けしました。名前はかわらず「藍ちゃん」です。
2010年10月の保護猫
保護の経緯はこちらからどうぞ。

kuroprof
白黒♂
(仮名)コウちゃん
(現在)孔明ちゃん

コウちゃんは11/20に里親様のもとにお届けいたしました。三国志から「孔明ちゃん」と名付けていただきました。
孔明ちゃんは2012年1月31日、リンパ腫により永眠いたしました。

まりちゃん
三毛♀
(仮名)まりちゃん
(現在)まりちゃん

まりちゃんは11/27からのトライアルを12/11に無事に満了しました。名前はかわらず「まりちゃん」です。
up!★まりちゃんのブログ「まりちゃんのおへそ

ご検討を有り難うございました。
仔猫たちの愛用品
保護時に利用していたものをご紹介します。
☆ごはん


☆首輪

☆サークル

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
感謝
仔猫たちの募集広報を掲載・掲示してくださっている皆様、ご協力くださっている皆様に心より感謝申し上げます。



●2014年のメイちゃん
*いつでも里親募集中→登録番号C207726
●2011年の藍ちゃん
*いつでも里親募集中→登録番号C120949(削除済み)
くるねこ大和さん
里親募集5/3記事
●2010年の仔猫たち
*いつでも里親募集中→登録番号C109425(削除済み)
くるねこ大和さん
里親募集10/22記事
ネコジルシ
no.6004
検索フォーム
アフィリエイト
仔猫の預かり費用@病院は毎日計上され、検査費用等も2猫分でした。ニャンゲル係数(猫費用)軽減のたしになれば‥と考え、アフィリエイトを設置していました。今後も設置して貯まったものは過去または未来の保護猫のために利用します。












いぬのきもち&ねこのきもち

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

★猫用品以外★
婦人画報のおかいもの

トレンドマイクロダイレクトストア

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。