交通事故で死傷した猫さんたち(その2)

交通事故で膀胱破裂になった白キジ模様の雌猫さん(仮名:ヒトミちゃん)は、毎日、静脈点滴を継続的に行なっていただいています。計測不能だった数値は徐々にさがってきて、同じ幅で下がるのであれば、今月末ころには退院との見通しが経ちました。約2週間(正確には16日)の入院期間となります。

そもそも膀胱破裂と判明したのは、CT検査の結果でした。

ヒトミちゃんを搬送した病院では、血液検査とレントゲン検査を行なっていただきました。交通事故ではないかという私の主訴によりレントゲン検査をしたものの、これといった異常はみつかりませんでした。引き続き行なっていただいた血液検査では、腎臓の値が異常値でした(猫エイズ、猫白血病ウイルスはいずれも陰性)。年齢がまだ若いと推測されることから、急性腎腎不全状態であることがわかりました。しかし、その原因が判然としませんでした。口腔内からは流血もありました。流涎も酷くありました。治療方針の目処をつけるためには腎不全の原因をつきとめなければなりません。治療中には高カリウム血症にも陥り、対症療法をしていただきました。

翌日、専門病院に転院して、CT検査を行いました。口腔内からの流血もあったので頭部CTを、腎不全状態であるため腹部CTを撮影していただきました。

HITOMICT01.jpg   HITOMICT02.jpg 

CT検査では、頭部に外傷がないことが判明しました。口腔内からの流血は、交通事故で身体に衝撃を受けたときに歯をくいしばったためにできた口腔内からの出血によるものであろうということです。頭部打撲等はなく、治療は不要でした。

腹部のCT検査では、外観上はどこにも異常がありませんでした。内部を見てみると、腎臓や肝臓など、主たる各臓器に異常がありませんでした。しかし、腹腔内に水が溜まっていることが判明しました(上記右画像の緑色の部分)。この水は、尿です。交通事故で膀胱が破裂して、膀胱内に溜まっていた尿が腹腔内に広がったものです。この腹腔内の尿はふたたび腎臓に吸収され、老廃物過多により腎不全状態に陥っている状態だとの診断でした。流涎は、腎不全状態による気持ち悪さからのものでした。破裂した膀胱は、破裂の程度がひどい場合は開腹して縫合するところ、ヒトミちゃんの場合は、CT画像でみる限り、徐々に修復される見込みがあり、開腹手術せず、自己治癒に任せるほうがよいとのことでした。

そこで、治療方針としては、静脈点滴を続けて腎不全状態の緩和を図り、膀胱内にカテーテルを埋め込み尿を常時排泄させて膀胱破裂の自己治癒を待つということに決まりました。まだ若い猫さんなので、体力もあり、治療に耐えられると見込みました。

しかし、転院した当夜は厳しい状態で、身体が持ちこたえられるかどうかわからないものでした。その後、継続的な静脈点滴のおかげで、数日おきに血液検査をするたびに数値が徐々に下がってきました。ただし、当初は計測不能のため、血液を4倍に希釈して推定値を出して計測してくださっていました。


hitomibun.png


なお、入院当初4回の血液検査結果のBUN数値は計測不能でした。そのため便宜上、希釈値の判明している計測不能値との比較から数値を推測して表にしています。

hitomicre.png

なお、入院当初1回目の血液検査結果のCre値が計測不能でした。不能下限値を便宜上記入しています。

血液検査の結果数値が徐々にさがってくるのと比例して、ヒトミちゃんの威嚇も増えてきました。

hitomi02.jpg

入院してしばらくの間は、ごはんをご用意しても、ヒトミちゃんはまったく手をつけませんでした。血液検査の数値をみれば、食べられなくて当然です。もしかして、食べる気が生じたときに食べられるようにという配慮からの設置です。その後しばらくして、人のいない夜間にすこしずつ、好き嫌いをしつつ、食べてくれるようになりました。

hitomi03.jpg 

膀胱内に入れたカテーテルは身体の外にチューブの先端を出しており、チューブのなかを通って排出される尿をペットシーツに吸収させています。この膀胱カテーテルも、週末には取り外すことができました(取り外すときは、鎮静をかけての血液検査をしたうえで、縫合していた糸を外して除去していただいています。)。

hitomi04.jpg 

その後は、だんだんと威嚇も増え、入院室に入っただけで、シャー!と言うほどに回復してきました。ストレスを与えたくないので、面会も最小限、写真撮影も最小限にしています。

退院予定日の当日まで静脈点滴を続け、当日、再度血液検査をして正常値に戻っていることを確認する予定です。元気いっぱいなので、血液検査は鎮静をかけておこないます。鎮静が醒めるまえに、3種混合ワクチンの接種も予定しています。

外で暮らす猫さんたちは日々危険と隣り合わせです。私のできることは非常に限られています。ヒトミちゃんを元いた場所に戻し、ヒトミちゃんが一族たちの群れのなかに無事に戻ることができ、気のあうお友達猫さんとまた出会えるように、できる限り安全に暮らせるようにと願っています。


関連記事

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

交通事故で死傷した猫さんたち(その1)

先週末、外で暮らしている猫さんたちが交通事故にあいました。2016年2月に不妊手術を実施してもとの場所に戻した猫さんたちです。事故現場は、猫さんたちが暮らしている場所にほど近い道路脇です。道路幅は1.7メートルと狭く、近くに小学校もあり、本来であれば車は徐行して進む道路です。事故の発生時刻は午前9時40分くらい。雨が降り始めていたものの小雨程度であったため、視界が悪かったわけではありません。

ひとりは全身まっくろの雄猫さんで、生後約2年。頭部を衝突しており、おそらく即死だったと思われます。事故当日、駐車場の管理をしている方が事故発生直後すぐに連絡をくださったので、現場から猫さんを保護することができました。保護後は雨に濡れてしまった全身を拭きあげ、ふわふわの身体に戻しました。棺にしたダンボールのなかに入れたあとはお花を備え、翌日火葬しました。

もうひとりは白キジの雌猫さんで、生後約4〜5年。動物病院でのCT検査の結果、膀胱が破裂していることが判明しました。おそらく二匹で道路を渡っているときに事故に遭ったのだと推測しています。通常通る車よりもスピードを出している車が差し掛かったときに、先行していた白キジさんが下腹部を、白キジさんの後を追うように渡った黒猫さんは頭部を衝突させたのだと推測しています。

事故にあったふたりはとても仲良しで、いつも一緒にいたようです。

hitomikuro01_20170518030928a0a.jpg



白キジさんは事故当日姿は見せず、翌朝になって事故現場近くの狭い通路上にうずくまっていました。うずくまっているところを、駐車場の管理をしている方が見つけてくださり、駐車場にいた私に連絡をくださいました。白キジさんは人間が近づくとものすごい勢いで逃げてしまったので当初保護はできませんでした。

ところが夕方になって、白キジさんはふたたび駐車場に現れました。今度は駐車場内の溝近くにうずくまり、そのうちに溝のなかに入り込み、じっと動かなくなったそうです。連絡をいただいたので、改めて保護を試みたところ成功しました。溝のなかにいるので捕獲カゴ等は使えません。素手と洗濯ネットで保護しました。保護時は暴れましたので、洗濯ネットを利用してよかったです。洗濯ネットに入れたあとは毛布にくるみ、キャリケースに入れて、病院に搬送しました。


hitomi01.jpg



黒ちゃんと仲良しのふたりなので、この猫さんも交通事故にあったのではないかという推測をしての受診でしたが、猫さんのからだを外側からみたところ怪我は見当たらず、レントゲン検査の結果、骨折等もありませんでした。ただし口腔内から血がでており、眼振もありました(縦揺れ)。血液検査の結果、腎臓の数値が検査機械のメーターを振り切り、測定不能でした。カリウムの値も高く、高カリウム血症の状態でした。ウイルス検査の結果は猫エイズ、白血病ともに陰性。夜も遅かったので、当夜は対症療法(静脈点滴、インシュリン注射とブドウ糖液の投与等)をしていただき、翌朝、専門病院に転院することにしました。



*入院中の白キジ猫さん(仮名:ヒトミちゃん)のことを心配してくださっている方が多いので、できるだけブログでご報告を記載したいと考えています。ただし今週から来週にかけて、猫さんのTNRを2現場で実施予定のため、ブログ更新は途切れ途切れになるかもしれません。ご海容のほどお願いいたします。

*現場には全身まっくろの猫さんが全部で7頭います。特定可能な猫さんは3頭です。手で触れることができるのは1猫さんのみです。特定可能な猫さんはいずれも事故にあっておらず、人間とは一定の距離をおいている黒猫さんが事故にあいました。残り4頭のうちどの猫さんが事故にあったのかの特定作業は、不妊手術実施時に撮影した猫さんたちの写真です。大きさは1年以上経過しているため様相は変わっています。耳カットの形や角度から特定することにしました。

関連記事

里親様便り(40)

2011年4月に保護した藍ちゃんも2016年4月で丸5年が経ちました。

 *保護の経緯…「シャム風雑種猫の里親様を募集します(※終了しました)」(2011-04-19)
 *藍ちゃん、保護後の様子…「(仮)藍ちゃん」カテゴリー をご参照ください。

藍ちゃんは、里親様のもとで大切にしていただいています。
2016年にも藍ちゃんの写真とともに元気な様子を里親様からお伝えいただいておりました。

IMG_0026.jpeg

IMG_0104.jpeg

IMG_0110.jpeg

IMG_0180.jpeg

IMG_0195.jpeg

IMG_0222.jpeg

IMG_0290.jpeg

里親様は、藍ちゃんの保護日を誕生日とお考えくださり、定期検診を受けさせてくださっています。2016年度も良好で問題なしとのことでした。「ダ・バード」ではしゃしでいる写真がうえから2〜3枚目です。元気いっぱいです。


*TNRとのかかわりについて*

藍ちゃんを保護した地域から徒歩数分ほどのところで、2017年現在も引き続きTNRをしています。

地域内の猫さんたちは全員不妊手術を実施しました。2017年5月現在、当該地域で52頭の不妊手術を実施しました(他地域を含めると91頭の手術を実施しました)。2016年春に3匹の子猫さんが生まれたのを最後に、その後、子猫さんは生まれていません(子猫さんたちは全員里親様に譲渡済み。母猫さんは不妊手術後リターンして、現在も現地で穏やかに暮らしています。)。TNRは「短期間のうちに」地域内にいる猫さんを雌雄問わず、すべて手術を実施することで、効果が高いことを実感しています。

猫さんたちの不妊手術をしたらそれで終わり、ではありません。地域猫さんとして地域の方々に受け入れてもらえることも大切です。ご協力してくださるご家庭の敷地内にトイレの設置もしていただけるようお願いして実現したところ、駐車場等の公共の場所での糞尿被害が激減しました。

また毎日猫さんたちの様子を確認することで、新しい猫さんの流入にすぐ気がつくことができます。もともといる猫さんたちの体調の変化、事故の発生等にも気がつき、再度の捕獲と病院への搬送、医療処置を実施することができます。

藍ちゃんのように、ひとなつこく、人間との生活を望み、穏やかに暮らせる性格の猫さんが、地域猫さんのなかからも生まれればと思っています。毎日地域猫さんをお世話をしているなかで、だんだんと人間に心を開いてきてくれる猫さんたちもいます。地域猫として可愛がっていただける猫さんが増えたり、あるいは、家猫さんとして迎えていただける猫さんが出てきてくれるようになれればと願っています。



☆ お詫び ☆

これらの写真は里親様からは一年前にいただいておりました。こちらの事情で、公開が遅くなってしまいました。申し訳ありません。藍ちゃんの元気な姿を見ると、こちらも明るい気持ちになりますね。それなのに、遅くなってしまって済みません! 今年のご報告も早々にアップロードします。そのときに、この記事も里親様からいただいたメールの日時(2016-04-19 19:40)に公開日を変更予定です。

関連記事

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

ひとりぼっちの子猫さんを再々保護しました(白キジ女子「ラム」その1)

ご報告が大変に遅れました。いまからひとつき前の10月中旬に、前回前々回のひとりぼっちの子猫さんの保護に引き続き、さらに、ひとりぼっちの子猫さんを保護しました。2週間で、3匹の子猫さんの保護です。

ram00.jpg

この猫さんは、家やマンションが密集していて人の通れないようなところにある溝のなかにうずくまっていて、ひとりで鳴いていました。知り合いの方を通じて保護の依頼があったこと、私が猫さんのお世話に毎夜通っていた独居の高齢者の方のご自宅のすぐそばであったことから、子猫さんの保護のお手伝いをすることを決めました。私の仕事が終わるまでは捕獲カゴ等を持っていくことができないため、猫さんを注視していただくようお願いいたしました。子猫さんはすこしずつ場所を移動して、私がかけつけた頃には、捕獲カゴがなんとか入れこめる場所にいました。

捕獲してわかったことは、この猫さんは両目がふさがっていて、ほぼ見えていないということでした。

しかもガリガリで栄養状態も悪いものでした。性別は女子。生後約1.5ヶ月程度です。

 ramIMG_5900 IMG_5901.png

左目はまぶたがふさがっていて自力では開きませんでした。運びこんだ病院で切開してあけていただいたところ、眼球が発達しておらず、失明していると言われました。右目は角膜が白濁しているものの、もしかして見えるようになるかもしれないとの診断でした。

眼の回復程度と性格等を見極めていただくため、そのまま病院にてお預かりいただくことになりました。眼のこともあり、病院での仮名は「メメちゃん」でした。その後、メメちゃんは口腔内を怪我して膿が溜まり、栄養状態も不良であったことから、低体温状態に陥りました。体重も300gまで落ちていました。このままでは命の危険もあることから、病院で口腔内の洗浄と皮下点滴をしていただいたうえで、ほぼ24時間子猫さんをみてくださる一時預かり様にて、栄養状態の回復を図りました(前々回保護のくぅちゃんもお預かりいただいている中でのお預かりです。)。

一時預かり様に向かうまえに、今後の目の治療も検討するため、二次機関の病院も受診しました。

体重測定をして、口腔内の怪我の確認と清浄、眼の状態の確認をしていただきました。

ramIMG_5902.png ramIMG_5907.png

口腔内にはぽっかりと穴が空いていて、そのなかに膿が溜まってしまう状態でした。

IramMG_5906.png ramIMG_5905.png

おそらくは自分で口腔内を噛んでしまい、その傷口が悪化したものとの見立てでした。この傷のためにごはんを食べにくくなってしまい栄養不良にもなっていました。二次機関の病院では2時間ごとの給餌が難しいため、一時預かり様のもとでの給餌にて栄養状態の回復をし、栄養状態が回復できた時点で、今後の眼の手術等についてご相談することになりました。

ramIMG_5904.png

眼の状態の悪さはウイルス感染に起因するものなので、インターキャットの注射もしていただきました(1日おきに3回のインターキャット注射を実施しました)。水分補給のための皮下点滴もしていただき、一時預かり様のもとにお届けしました。

一時預かり様のもとでは、強い女子になるように、という願いを込めて、「ラムちゃん」と仮名をつけていただきました。通院のたびにラムちゃんは元気になり、体重も470gほどになりました。一時預かり様がお預けしてから毎日2時間ごとの給餌をしてくださったおかげです。

ramIMG_5910.png

インターキャットの3回目の注射時には、体調も万全となっており、翌日に目の手術を実施することも可能とのお話でした。眼のみえない生活よりは、眼のみえる生活のほうが、ラムちゃんにとっては便利であることは間違いありません。左目の状態はあけてみないとわからないため、眼のみえる生活を送れるかもしれない、という可能性にかけて、手術を実施することを決めました。

ramIMG_5908.png

手術は左右両方ともに実施予定で、眼がみえるようにと願って実施したものです。小さい猫に手術なんて、というご意見もあるかもしれません。しかしながら、麻酔の量は体が小さいほど少なくてすみ、出血量も体が小さいほど少ないものです。術後の回復も、体調が万全であれば、成長時期の子猫にとってはそれほど負担はかからないという判断をしました。また、術後の開眼状況を考えても、小さいときにからまぶたの筋肉を使っていったほうが、眼がみえる状態になったときにラムちゃんにとって便利だからです。

なお、眼の手術は、10月末と11月中旬と2回実施しました。詳しくは「その2」にてご報告予定です。

関連記事

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

さらに、ひとりぼっちの子猫を保護しました(里親様募集予定)

さらに、ひとりぼっちの子猫を保護しました。先日保護したひとりぼっちの子猫さんと同様、捕獲と不妊手術をほぼ終了している地域での保護です。不妊手術済みの猫さんたちを人馴れ訓練するため、私自身が毎日通っている場所に、突然現れました。

猫さんが隠れることのできる場所に、ちらちらと何か動くのに気がつきました。当初は、枯葉が風に吹かれているのかとも思いましたが、なんだか猫の顔に見えるのです。しかも、とっても小さな猫の顔です。不妊手術済みの猫たちもそのうちに何かの存在に気がつき、覗き込みに行きました。これは、子猫が隠れているのに間違いないと確信しました。

すぐに捕獲カゴを用意して、猫さんのいる場所付近に設置したところ、あっさり捕まりました。

FullSizeRender (9)


先日保護した猫さんよりは健康状態が良好そうです。大きさは同じくらいでした(800グラム)。

IMG_0177.jpg

しっぽはまっすぐ。顔は可愛い。

IMG_0173.jpg

すぐにフロントラインスプレーを噴射して、ノミ等を落としました。
動物病院に運び、ウイルス検査を実施しました。
猫エイズ、猫白血病ウイルスともに陰性です。

回虫駆除のためのブロードライン滴下も済ませました。

先日の猫さんよりは恐がりさんで、捕獲カゴのなかでも震えていました。
動物病院のケージ内では物陰に隠れて、小さくなっていました。
しばらくしたら落ち着くことと思います。

白茶のおとこのこ。
体重800グラムです。

落ち着いたころに、性格を見極めて里親様の募集をいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

なお、この子猫さんの発見&保護は、先日保護した子猫さんが、一時預かり様宅に移動する日のできごとでした。動物病院での保護にもケージ数に限りがあり、満杯状態でしたので、入れ替わりになったのが不思議なできごとでした。

関連記事

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

     
* online shop *
オンラインショップ 「ふわり」 をオープンしています!up!

売上から経費を差引いた収益は、保護猫たちのために必要となったニャンゲル経費に充てていきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年カレンダー完売御礼!

1.jpg

結ちゃんのポストカードもあります。
はがき3枚セット
New! Facebookも始めました。
ブログ管理者のプロフィール
福ちゃん
福☆

時折、困っている猫に遭遇します。命の危険があったり、助けを求めてきたりした猫たちを保護して、里親様にお届けしてまいりました。

2015年7月12日、生後約1ヶ月齢の仔猫たちを拾いました。すでに里親様のもとにお届け済みです。今後とも成長を温かく見守っていただけたら有り難いです。

これまでの保護猫さんは、素敵な里親様のもとで幸せな生活を送っています。(ただし、2011年9月保護の子猫は健康上の理由等から、2014年5月保護の猫は強烈な噛み癖のため、ウチノネコとしました。)

☆保護猫たちの詳細
2010年10月保護仔猫たち
2011年4月保護猫
2011年8月保護猫
2011年9月保護猫
2014年5月5日保護猫

2015年7月12日保護猫 New!

2015年7月の保護猫
2015年7月12日保護

保護の経緯は⭐︎こちら⭐︎

里親様にお届け済みです。詳しくはこちらをご覧ください。

soramugi-prof.jpg

茶トラ♂
(仮名)陸 りく
(現在)空 そら
麦わら♀
(仮名)麦 むぎ
(現在)麦 むぎ

7/12 保護時  陸350g /麦400g
7/13 2日目  陸400g /麦450g
7/14 3日目  陸400g /麦450g
7/15 4日目  陸440g /麦460g
7/16 5日目  陸450g /麦500g
7/17 6日目  陸500g /麦500g
7/18 7日目  陸500g /麦500g
7/19 8日目  陸570g /麦610g
7/25 14日目 空620g /麦680g
8/1 21日目 空740g /麦840g
8/3 23日目:空840g /麦940g
8/5 25日目:空840g /麦960g
8/22 42日目 空1200g /麦1300g
8/29 49日目 空1320g /麦1360g
9/4 55日目 空1480g /麦ーー
9/5 56日目 空---- /麦1580g
9/9 60日目 空1620g /麦ーー
9/11 62日目 空---- /麦1600g
9/18 69日目 空1920g /麦1740g
9/28 79日目 空2200g 去勢手術
(CT検査&脳髄液検査実施;異常なし)

 
2014年5月の保護猫
2014-05-05保護

保護の経緯はこちらから。

里親様募集を終了して、うちの猫の一員となりました。詳しくは☆こちら☆をご覧ください。

メイちゃん
(仮名)メイちゃん
(現在)メイちゃん

保護当時は生後2.5〜3ヶ月
歯は生えそろっています
体重測定
05/05現在 500g
05/09現在 700g
(05/10 40度発熱)
05/13現在 850g
05/17現在 950g
05/19現在 900g
(05/19 退院しました)
05/24現在 1000g
(第1回目のワクチン接種)
06/21現在 1950g
(第2回目のワクチン接種)
07/19現在 2750g
(去勢手術をしました)
2011年9月の保護猫
2011-09-29保護
保護当日の診察の様子はこちらからどうぞ。
里親様募集についてはこちらこちらをご覧ください。今後の健康状態に不安があるため、里親様募集はせず、ウチノネコとしました。

幼猫さんプロフィール

(仮名)結ちゃん(ゆいちゃん)
(現在)結ちゃん

保護当時は生後約2週間(歯が生えていませんでした)
ノミ駆除済み

体重測定
09/29現在164g
10/2現在 216g
10/10現在 360g
(歯が生えてきました)
10/16現在440g
(肝性脳症で緊急入院しました)
10/30現在550g
11/6現在約800g
(ドライフードを食べられるようになりました)
11/15現在約1005g
12/7現在約1400g
12/17現在約1700g
12/31現在約2000g
1/29現在約2600g

2011年8月の保護猫
2011-08-08保護
保護の経緯は★こちら

ひなちゃんプロフ
茶トラ♂
(仮名)日向(ひなた)ちゃん
(現在)みんと君

保護当時生後約2ヶ月(推定)
8/9現在560g
8/19現在820g
8/21現在835g
8/27現在925g
8/31現在1020g
9/2現在1200g

(仮名)日向ちゃんは9/3に里親様のもとにお届けしました。名前は「ミントくん」となりました。
2011年4月の保護猫
保護の経緯はこちらからどうぞ。

藍ちゃん
シャム風♂
(仮名)藍ちゃん(あいちゃん)
(現在)藍ちゃん
PHOTOHITOにて写真を公開済

藍ちゃんは5/22に里親様のもとにお届けしました。名前はかわらず「藍ちゃん」です。
2010年10月の保護猫
保護の経緯はこちらからどうぞ。

kuroprof
白黒♂
(仮名)コウちゃん
(現在)孔明ちゃん

コウちゃんは11/20に里親様のもとにお届けいたしました。三国志から「孔明ちゃん」と名付けていただきました。
孔明ちゃんは2012年1月31日、リンパ腫により永眠いたしました。

まりちゃん
三毛♀
(仮名)まりちゃん
(現在)まりちゃん

まりちゃんは11/27からのトライアルを12/11に無事に満了しました。名前はかわらず「まりちゃん」です。
up!★まりちゃんのブログ「まりちゃんのおへそ

ご検討を有り難うございました。
仔猫たちの愛用品
保護時に利用していたものをご紹介します。
☆ごはん


☆首輪

☆サークル

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
感謝
仔猫たちの募集広報を掲載・掲示してくださっている皆様、ご協力くださっている皆様に心より感謝申し上げます。



●2014年のメイちゃん
*いつでも里親募集中→登録番号C207726
●2011年の藍ちゃん
*いつでも里親募集中→登録番号C120949(削除済み)
くるねこ大和さん
里親募集5/3記事
●2010年の仔猫たち
*いつでも里親募集中→登録番号C109425(削除済み)
くるねこ大和さん
里親募集10/22記事
ネコジルシ
no.6004
検索フォーム
アフィリエイト
仔猫の預かり費用@病院は毎日計上され、検査費用等も2猫分でした。ニャンゲル係数(猫費用)軽減のたしになれば‥と考え、アフィリエイトを設置していました。今後も設置して貯まったものは過去または未来の保護猫のために利用します。












いぬのきもち&ねこのきもち

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

★猫用品以外★
婦人画報のおかいもの

トレンドマイクロダイレクトストア

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: